2009年06月29日

あれくるうなみかぜをけちらせ

※前日からの続きです
 ここからは、D&D第4版プレイ初、TRPG初心者の目線でのレポとなっております。
 そういったものが嫌な方はお読みにならないでください。


【長いのでしまっちゃうよ】
posted by hatuki at 23:39| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年06月28日

みずからをしんじるとき

昨日は人生初のD&D(第4版)を楽しんでまいりました。
そして今朝は寝坊しました(ヲイ
仕事に遅刻はしなかったよ!
というわけで、本日は少々そのコンベンションの話を……。

〜HJコン 2009/6/27/SAT
ホビージャパンが主催のこのコンベンション。
D&D第4版の本格卓と、初心者卓、初心者女性ONLY卓。
新ゲームの「戦国異聞録 KAMUI」卓と4種類の卓が用意されていて、私の目標はもちろん女性卓。
開始早々に、主催側の手違いでPL定員6人のところが、7人のPLが集まってしまうというトラブルがありましたが、全員が同じ卓でプレイできる事となりました(ちなみに、7人目で卓をあぶれそうになったのは私……
とにかく、PL7人とDM(ダンジョンマスター)のアサコさん(D&Dリプレイ中の人。若獅子の主人公リューマと、海燕アウラの方。普段のお仕事は編集さん)。
そして、PLが予定より増えた事もあり、ルール補助のサブマスターとして急遽参加が決まった石川雄一郎氏(この方もD&Dリプレイ中の人。竜王女ノトス)を迎え、D&D第4版プレイは開始されたのでした。

〜以下、すいません明日へ(眠
posted by hatuki at 23:33| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年06月27日

であってどきどき

200906271748000.jpgとったど〜〜!!
posted by hatuki at 19:17| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

きみよゆくのだ

はい。携帯からお送りします。

昨夜は、本日のD&D第4版コンベンションの為の用意で、ギリギリまで起きていました。
が、ブログを更新する余裕はなかったとです。
偶々コンベンションにご一緒する某方より、頼もしいお言葉をいただけたので、それを心の力に変えて 逝 っ て き ま す 。

待っていやがれホビージャパン!(チキンハート奮い立たせ
posted by hatuki at 10:07| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年06月21日

あなたにゆれうごくこころ

コンベンションから帰ってきて、しばらく休んでいましたー。
初のDX2ndは楽しかったです。
色々書きたい事があるのですが、今日はもう時間切れ……。
なのでちょっとだけ。

使用するサンプルキャラには、ブラッグドッグ/ノイマンの「完全なる使徒」を選びました。
え?PC1によく使われる、初心者向けなキュマイラ/キュマイラの「不確定な切り札」じゃないのかって?
いえね、そのキャラを選択した場合もれなく。

NPCのヒロインがついてきたもので(ロールプレイ自信ない

なのでPC3に逃げました。
それでも、DX初めての私でも充分プレイできました。
侵食値で増えたダイスの計算なんかを、GMに助けていただけたからさ!(爆
基本的な判定方法や、ダメージ算出の仕方は覚えていったんですけれどね。
それでいっぱいいっぱいさ……。
本当にありがとうございました。
卓の皆さんと、GMに感謝。
posted by hatuki at 23:48| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年06月19日

じょうしきをとびこえていく

2冊とも読了!
うん!天さんDX2ndにトドメさした!(爆笑
「ひどい」「謝れ」が褒め言葉にしかならないです。
うん!新ARAリプ貧乏姉妹かわいい!
そして丹藤GM容赦ねぇ……っ!

公式発売日は明日の為、本日の感想はこのくらいで。
その代わりにリプレイ本体とは別に、気になった事を書かせていただきます。
今月発売の富士見書房リプレイ、通常の折込広告と一緒に、7月からスタートの「ダブルクロス〜THE 3RD EDITION」の特別広告が入っておりまして。
内容は、DX3rdの商品ラインナップ。

7月18日にDX3rdのルルブ1と、伊藤和幸氏著の3rd初リプレイが同時発売。
翌月20日に、ルルブ2が。
さらに翌月9月には、上級ルルブが発売予定。
リプレイ2巻は11月……と、あの、F.E.A.R陣大丈夫?生きてるー!?

あと、DX3rd発売を記念してのリプレイコンテストと、記念コンベンションといったイベントも開催されるそうです。
本当にどこまでやるんだ、F.E.A.R.(汗
それともこれは、富士見の陰謀なのでしょうか。
コンベは申し込みに、ルルブやリプレイについている応募券が必要なんですって。
つまり、コンベンション当選確率を高くするには複数冊買って申し込めって事ですね
O.K. 今から覚悟しておく(何

P.S. そういえば18日発売予定のりゅうたま4巻ですが……発売延期になったそうな(涙
posted by hatuki at 23:31| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

あなたにめぐりあえてよかった

200906191452000.jpg携帯から職場にて。

休憩時間に抜け出して、本屋で購入ミッションクリア。
他に読まなきゃ(勉強しなきゃ)いけないものがあるけれど、こちらが読みたいの。
posted by hatuki at 15:00| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年06月16日

まっかにまっかにもえるんだ

F.E.A.R.の公式サイトに、今月20日発売予定のアリアンロッド新サプリ「エリンディル・レジェンドガイド」の詳細が発表されましたよ。
内容は、エリンディル大陸に伝わる数多くの伝説(以下略
↑それは公式サイトを読んだ方が早いんだ!
私が喜んだ事は、大好きなエリンディルのあれこれがサプリとなった事もなのですが、1番は。

「公式リプレイシリーズで活躍したPCやNPCのその後についても解説」(超要約)

ごめんね、所詮私はリプレイファンだよ。
ルージュシリーズとかだけでなく、無印キャラの情報も載っているんですって。
データも好きだけれど、そんなネタには喜んで釣られちゃいますよー!?
その内容によっては……夏コミ新刊の内容を変更しなくてはならないでしょうが(血涙

嬉し涙に変えてみせましょう。
posted by hatuki at 23:55| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年05月28日

ごまえーがんばってゆきましょ

もうすぐ「現代忍術RPG『シノビガミ―忍神―』がでるよー。
現代で忍術だよ!
シノビの世界にようこそだ!(マテ

発売されるルルブにはリプレイも掲載されているとの事で、ゲーム内容をよく知らんくせに買う気満々の私です。
公式では5月29日発売ですが、発売日当日には手に入れられませぬ(涙
↑仕事があるから遠出できない&地元書店にはない<何日か待てば入荷する<待てないよ!
泣いた私は、今回はネット通販に頼る事にしました。
が、それでも手元に届くのは30日くらいになるそうです……。
残念。

今回の冒険企画局、サイコロフィクションシリーズは、作者:河嶋陶一朗氏曰く「システム的にはギャグ要素なしの方向です(リプレイはともかく)」だそうで。
他作品とはどう違うゲームなんだろうかと、今から読むのを楽しみにしております。

でもやっぱり「エロイ」印象は外れないのかしらと聞いてみたい。
だって冒険企画局だもの(失礼
posted by hatuki at 23:49| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年05月27日

あんなこといいなできたらいいな

昨夜は、色々と予備PCの設定をしていただけで夜が明けました。
ノーパソにはまだ慣れません。
変なキーとか押しまくりで、いつもの作業時間×苦労というような状態です…(自分のなのに
新PCの候補はまだ絞れていないので、まだまだこのノーパソでがんばりゅ。
てな感じで今日もTRPG話(結局それ

最近買ったリプレイといえば、SW2.0新米女神5巻。アリアンロッド・サガ・アクロス2巻。カオスフレアセカンドチャプター〜世界の卵。

新米女神感想は、相変わらず自分がキモイ事になっております。
「メッシュ、新装備に『ひらめきめがね』か……は!眼鏡っ子メッシュキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」
アイテムの形詳細がわからないので、勝手に萌えてるよ。

アリアンアクロスは、某方にとても失礼な叫びだったので割愛(スイマセンデシタ

そして異世界戦記カオスフレアセカンドチャプター(以下カオスフレアSC)。
著者:三輪清宗・小太刀右京両名による、「異世界戦記」の名にふさわしい、SF・現代・ファンタジー・パラレルその他ジャンルを越えた様々な世界同士のクロスオーバーを描くRPG。
PCは「カオスフレア」という特殊な存在であり、世界を破滅に追いやる「ダクスフレア」に唯一対抗できる、世界の希望である……。

とにかく、ダクスフレアを倒すべく、現代高校生もトランスフォーマーも怪獣も改造人間も「オリジン」という世界を土俵に、色々やっているとしか言い様が……!
クロスオーバーもの、異世界トラベルものが好きな方にお勧めしたいTRPGです。

その新作、SCの初リプレイとなるのがこの「世界の卵」でして、著者兼GMは、ゲーム生みの親でもある小太刀右京さん。
ロール&ロール誌に前後編で連載していたものに書き下ろしを加えて1冊のリプレイとなっております。
PCは、現代日本から異世界に召還され、一緒に来たはずの親友を探し求める女子高校生。
妹の仇を討つ為、敢えてその仇に部下として仕え、復讐の機会を伺う孤高の戦士。
その戦士の肉親の魂と記憶を受け継ぎ、戦士を影から支える精神体(幽霊?)の少女。
故郷と恋人を失った過去を乗り越え、今は大企業のエージェントとして活躍する人造人間。

と、書いてはみたら、JAROに訴えられそうだー(苦笑
女子高生は、写メで異世界撮りまくり、ブログに更新しまくり。そして友達思いの今時の子。
戦士はめっちゃ自分主義で、そのせいか妹である精神体の少女を見る事ができず、彼女に助けられている事にも気づかない。
そんな兄を「馬鹿兄貴」と、わかってもらえずとも助ける幽霊少女。
人造人間は新しい故郷となる「オリジン」を救う為に。

様々な思惑と謀略が交差する中、共に戦い、困難を乗り越えるPC達。

このRPGのシステム特徴は、トランプを手札にし、「それを『フレア(気力?)』として使用し判定の達成値にプラスできる」「上手いロールをすると他のPLからフレアがもらえる」等々。
笑点での座布団のかわりに、フレアが飛び交う感じです(没収はされません

と、今の私にはここまでしか書けない。
何故なら、それ以外のルールがわからないから……!(爆

何回も読み返して、旧作のリプレイも1冊読んだのですけれどねー……。
私の頭じゃ細かいルールがもうわからん。
そもそもダイスは振るんですか(Wikiによると6面ダイス2個だそうです
ロール云々や、トランプをフレアに。とかとても好みなゲームなのですが、ルルブまで購入は難しいよ。
リプレイは、「ロールでフレア」というシステムもあって、皆さんPCロールが素敵だし面白いし。
人外異世界当たり前だから、突拍子もない設定やなんやに関心しまくりで。
今作で、私が1番笑ったのは戦士のブラコンっぷりですが(笑
もうちょっと、ルールがわからないとスキル萌えもできやしないです。
旧作、わからなくてもSCからで大丈夫なら……(また良からぬ事を考えている

一度はプレイしてみたいゲームです。ホント。
posted by hatuki at 22:51| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年05月19日

こころからだかけめぐる

200905191104000.jpg携帯より。
本日、運良く休日。

昨日は早々と寝潰れ、今日は朝早くから地元の書店へ突撃して参りました。
目的は、「SW2.0リプレイ新米女神の勇者たち」5巻と、「アリアンロッド・サガ・リプレイ・アクロス」2巻。

地元の本屋、角川系と富士見書房は早売りしているの。
ファミ通文庫やGA文庫は発売日に入荷してないの。
前記はありがたいが、何故。
と、いうわけで、これから読みに入ります。
公式発売は明日なので、感想という名の雄叫びはそれ以降に出しているかと。

しかし、新米の帯に書いてある事が気になるなぁ……(画像参照
posted by hatuki at 11:28| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年05月17日

たよれるなかまは

買っちゃったの。

「異界戦記カオスフレアSecond Chapter」リプレイ〜世界の卵〜

内容の前に、コレだけ叫ばせてください(作中には微妙に無関係

当リプレイにPL参加の三輪さん、肩書きに「シーランド公国男爵」って……。

買ってたんかい……!!

※シーランド〜イギリス南東岸から10km沖合いに浮かぶ「自称」国家。
 以前爵位(期限有、更新必要)を販売していました。
 今現在はわからん。
posted by hatuki at 23:20| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年05月16日

とっておきの

昨夜は、夏(秋?)に向けてのとある野望の為、同志の方々とチャットで話し合いをしておりました。

目的の話が終わって、皆その後も時間があるとの事だったので、そのまま萌えチャットに移行したよ!楽しかったよ!
変な用語流行らせたりしてすみませんでした!
太陽がまぶしかったです☆(翌朝4時半までやっていた

で、目と腰は相変わらずです orz
そんな状態なのに、15日にちゃっかりゲットしていたポリフェニカリプ2巻は、チャット後、寝ずに読み終えたという……

悔いはない。

と、いうわけで。
本日は、ポリフェニカリプ2巻「貴方と繋がるハーモニー」感想をー。ネタバレはできるだけ避けているので、話の意味が通じるか不安です。

加納正顕氏の2冊目の著書となる、「神曲奏界ポリフェニカRPG」リプレイ2巻。
2巻という事は、もちろん1巻があるわけですが。
それはさておき(いいのか

hatukiはこのTRPGの原作となる小説知識は一切ないのです(爆
リプレイを読む限りでは、舞台となるのは人間と精霊(人間型、獣型、獣人型とそれぞれ型がある)が「よき隣人」同士として共存する世界。
その中でも、より精霊と繋がりを持てる音楽「神曲」というものを扱える「神曲楽士」と、パートナーとなる精霊との活躍を描いた作品だとか。
このポリフェニカRPGでは、その神曲楽士や精霊としてPCを作成、プレイする……で間違ってないかしら(確認

今リプレイのGMは加納氏。
PL、PCは三田誠さんのPC1神曲楽士(時代錯誤なゴザル野郎)。
矢野王子の人見知りお嬢様神曲楽士(人前ではバリ的な仮面仕様)。
鈴吹社長のオウム精霊(メス。王子PCとは家族同然)。
ポリフェニカシリーズの原作者である榊一郎さんの獣人くま精霊(いい人)。
それに加え、2巻からは合鴨ひろゆきさん(イラストレータ、漫画家。カオスフレアやシルバーレイン。トリニティ×ヴィーナスRPG等でPL参加)が1巻のNPCだった精霊キャラを、PCとして新参加。
このメンバー全員が「神曲楽士事務所」という神曲や精霊に関する仕事を請け負う事務所(所長は王子PCお嬢様)に属し、仕事をこなしたり仕事がこなかったり仕事がこなかったり(爆
そんな日々や事件を送っているわけですが。
2巻は王子PCのライバルお嬢様とその執事精霊が現れたり。
榊さんPCのくま先生の昔の教え子が出てきたり、心が踊る、和む場面が多々。
そして緊迫迫るシナリオに惚れた。

加納さん、これでリプレイ2冊目なんだぜ?
1巻から確実にレベルアップしてるよ。
リプおもしろいよ。シナリオも、システムのギミックも!
以前から、PLとして名を聞く方でしたが、やっぱり侮れねぇ……。

そして、事務所メンバーの人間(精霊)同士の関係、かけあいも好きなんですよ。
王子PCの仮面お嬢様と社長PCの口うるさい姉さんオウムの、家族の絆とか(この辺りは1巻
榊さんPCのくま先生の、やさしい人(精霊)柄とか、豊富な知識とか<原作者ですから(メタな
DXストライックの時とはうって変わった(失礼)、三田さんのPC1神曲楽士の天然ヒーローっぷりも(笑
新プレイヤーの合鴨さんが加わる事でどうなるかと思いましたが、さすが他リプレイでも活躍な、熟練のPLさん。
1巻のNPC時のセリフを活かし見事なロールプレイでした。
2巻で生まれた、新たな絆が輝いています。眩しかったです。

……でてほしいなぁ、3巻(希望
posted by hatuki at 23:21| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年05月12日

たかめてはてなく

ものもらいで視界狭し。

それはおいておいて。
本日実家にて、夕飯のメニューに日頃作った事のないものにチャレンジしていると、兄帰宅。

兄「あ?何だこの雑誌。こんなの見たことないなぁ」
hatuyki「私のだ。目当てがあったので買ってみました」
兄「(中身見て)あれか。逆転検事の記事目当てか?」
hatuki「ちがうよー」
兄「え?じゃぁ、戦国BASARAの?」
hatuki「私の目当てはコレです」

「D&D第4版リプレイ『海燕』第5回」(8ページ)

無言で兄は去りました。
勝利(何に

てなわけで、買ってきました「GAMEJAPAN」6月号。
無論、目当ては「海燕」(詳しくいうならばドーリン絵)のみですので、他のページに眼を通していなかったのですが改めて見てみると。

これ、カードゲームの雑誌だったんだ(今更

古今東西のカードゲームの記事の中に、TRPGのゲーム紹介はちょこっとだけで。
「ウォーハンマーRPG」や、「とらぶるエイリアンず」、「ワースブレイド」等など。
その中に、ホビージャパンから今度発売される新作TRPGの紹介記事もありました。
その名も。

「戦国異聞録KAMUI」

戦国時代なんだって。
PCはデータを「生き様」で設定していくんだって。
ダイス目+修正値じゃなくて、(能力値+技能LV)のダイスを振って判定するんだって。
判定に有利になる為には、とにかくダイスを増やしていくんですねわかります。
じゃぁ、ダイス目が極端に悪い人はどうすれば(爆
設定を読む限りでは、「熱い」ゲームのようです。燃えます。

そして、D&Dの日本語版公式サイトをみたら、6月に公式のコンベンションがあり、そこで「KAMUI」の卓も立つそうです。
それも気になるのですが……D&D第4版の初心者卓兼女性専用卓があるって本当ですか!?
場所は都内。申し込み締め切りにもまだ間に合う。
D&D……ハードルが高いと敬遠していたけれど……そこでなら私みたいな初心者でも……。

存分悩もうと思います。
posted by hatuki at 23:08| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年05月02日

なみだのぶんまでつよくなれ

200905012255000.jpgまだ身体の調子が悪い為、携帯更新失礼します。

画像は、先日手に入れたサタスペリプレイ「アジアンパンクGO!GO!」。
昨日の夜に読み終え、思った事は。

「……ルールがわからない(読み取り能力低くてスミマセン)」

と。

「まじしゃんずとはまた違ったカオスだなー」

でした。
まず、世界の舞台となるのが「世界最大の犯罪都市」と銘打たれた大阪。
PC達は「亜侠(アジアンパンク)」という何でも屋になり、名誉ある仕事だろうがヤバイ仕事だろうが、文字通り「なんでも」こなしていくという。
まぁ、ここまではわりと他のTRPGに通じるものがあるかと。
そしてその中身は。

昔懐かし太陽の塔は、モンスターだし。
マグロは武器だし。
判定の結果で振るイベント表の内容は、やけにアダルトだし。
と、いうか。
成功すれば相手(PC、NPC問わず)より優位に立てる「ロマンス判定」というものがあるのですが。
その手段の1つ「無言で押し倒す」って何よ!(笑

……冒険企画局の合言葉は「エロい」だと、誰かが言っていた。
なるほど(納得

システムとしては、情報収集が大事なアドベンチャーターンを経て、戦闘、ポロリもあるよ。なゲームなのかしらと。
PCのパラメーターはダイス目に足す値ではなく、ダイスを振り直せる回数だったり。
情報収集の際、PC同士の調べた情報ジャンルをリンクさせると有利になったり。
「性業値」という、PCの性格を表す能力値を使った、PCの今現在の精神状態を判定するものがあったり、なかなか楽しそうではあります。が。

えっちなのはいけないとおもいます!

嘘です。もっとやr(殴
ともあれ、ルールがわからず、本来の半分も作品の楽しさがわかってないだろう自分。
未だちまちま読み返してますー。
しかし……本当にエロい……!
posted by hatuki at 00:01| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年04月25日

やってみなくちゃわからない

最近は、セッションの影響もあってピーカーブー好きなhatukiです。
もう我慢ができず、3冊目を買おうとしています(ダメ人間

こんな感じで、アリアンロッドルージュのリプレイも、人に貸し、そのまま差し上げ、自分の買い……の繰り返しをしていたなぁと(少なくても1巻につき2〜3冊は買っていた
面白いものは、他の人にも教えてあげたいものです、が。
自分、感想を口で伝える事が苦手なので、もう「実物を読んでくれ!」としか言い様がなかったのです。
当時布教に巻き込まれた皆さん、スミマセンデシタ(土下座

さて、何日か前の記事で名前だけ出した冒険企画局のアジアンパンクRPG「サタスペ」なのですが、今月27日にリプレイがでるそうなのですよ。
TRPGサポート雑誌「Role&Roll」にて少し記事を読んだ事があるだけで、どんなゲームなのかさっぱりですが(アジアンでパンクなの?的な
リプレイを機会に、新しいゲームを知ってみたいなぁと。
アリアンロッドもサガシリーズではないリプレイの発行予定がでたし、新米の新刊も5月に出るそうですし、今から楽しみがぞくぞくです(ホクホク
だから…………

それを励みに、仕事も頑張るよ(涙
鏡みたら自分の頬がこけてたけれど、めげずに頑張るヨー!(裏声

絵が描きたい時間が欲しい。
今だ絵コンテンツZEROってどうなのよ……orz
もう、リプレイ感想ブログと銘打つべきでしょうか(涙こぼれそう
posted by hatuki at 23:20| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年04月20日

いつかきっと

いつもは早売り買いのくせに、発売日を勘違いして買いそびれていたダブルクロス・リプレイ・エクソダス新刊を、ネット通販で本日着購入。
読了。

…………パネェ……!(これしか言えん

ついでに、Role&Rollのバックナンバー、「ピーカーブー」の記事が載っているものも一気買いしました。

しめて計6000円くらい。
こういった事には平気で金を使う自分が怖い!(笑
posted by hatuki at 23:35| Comment(2) | 趣味:TRPG関連

2009年04月15日

かならずそこにたどりつく

ちょっと久しぶりに相方と呑んできましたー。
なのでまだ、少々のアルコール分残っています管理人。
つか、飲み足りないからコンビニで買ってきたのを今呑んで(爆

……普段全然呑まないが、たまにめっさ呑みたくなるんだよぅ。

そんな調子のリプレイ感想第2弾ですが。
今回の作品はホビージャパン発行の「D&D第4版がよくわかる本」です。

この本に収録されていたのは、現在「月刊GAMEJAPAN」に連載中のD&D第4版リプレイ「海燕」シリーズなのですが。
これの前の作品、D&D第3.5版の、文庫本にもなった「若獅子」シリーズ全3巻を以前読んでいまして、DM(このゲームではGMをそう呼ぶ)が前作と一緒、前PLだった方も何名か参加なさっているとの事なので、つい買ってしまった自分。

D&D(ダンジョンズアンドドラゴンズ)というと、私の感じていたイメージだと「由緒正しいTRPG]「難しそう」「恐れおおい」なんてものだったのですが、「若獅子」シリーズでその世界の雰囲気とPLの技、DMの紡いだ物語に魅了されてしまいました。

(PLの井上純弌氏のPCが舞台の一幕のように朗々と口上を読み上げる様とか

このリプからは「第4版」という事で、以前とはゲームの仕様が色々変わったと聞いていたのですが……何というか、簡易的になったのかな?と、スキル等が載っているページを見て思ったり。
それ以上の事はわかりません豆腐頭です。

「海燕」シリーズはDM柳田真坂樹氏。
PLがイラストレーターの戸橋ことみさん。F.E.A.R.リプ読者にはお馴染みの小太刀右京さん。田中天さん。D&D日本語翻訳チームの桂令夫さん。編集のアサコさん。
ゲームはやっていてもTRPGは初めての戸橋さんのPC(種族的に、周りから忌み嫌われている青年)を主人公に、脇を力強いメンバーで固め。

パーティー目下の目標は借金返済(マジ

……それが、元々は自分達でつくったものではなく、保証人としてかぶせられた、とんでもない金額だから……がんばれ主人公。

しかし、もちろんただの借金返済話では終わらない。
だってD&Dだもの(意味不明

作中、戸橋さんがまだTRPGに慣れていない印象を受けますが、そこはそれ。これからもっと世界にもメンバーにも、自分のPCにも慣れ親しんでくれることでしょう。
そして生み出される物語にも期待大です。

他メンバー中でも、小太刀さんのPC、主人公の幼馴染で関西弁(※D&D世界に関西があるかわからない)の青年が、軽い性格ながらも、持ち前の知識と要領で他メンバーを指揮する様が「……友だちっていいなぁ」と。
天さんの竜人や、アサコさんのおっとり姫エルフ。このままではヒロインポジション(笑)の桂さんドワーフも、素敵なところは盛りだくさん。
続きがとても楽しみです。…………が。

できれば……文庫で出て欲しいなぁ(涙

※「D&D第4版が良くわかる本」〜「海燕」第1〜3章収録で1600円+税

でも買うけどね。
D&Dのルルブはさすがに買わないけどね。

※普通に1冊6000円越える
posted by hatuki at 23:29| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年04月14日

あれはだれだ

戻ってまいりました。
病気はしないタチだけど、基礎体力と身体のモロさはいただけないよ自分。
と、いう事で前回の続き。
リプレイ萌を発散させていただきます。

写真の本は、ゲーム・フィールド社発行の「ゲーマーズ・フィールド別冊Vol.17『特集 スタンダードRPGシステム’09』」とホビージャパン発行の「D&D第4版がよくわかる本」
どちらも、ゲームシステムをサポート、紹介するような冊子なのですが…………うん、気になるTRPGのリプレイが載っていると知って自重できなかった(泣笑
2冊分合わせてCDアルバム買えちゃうお値段だヨ。

時間の都合上、本日は片方だけの感想を。

GF別冊の方のリプは、一番最近のスタンダードRPGシステム(SRS)を元につくられた「まじしゃんず・あかでみいRPG」の初リプレイです。
元々、「SRS」というシステム本体に興味がありまして。

※「SRS」についてはF.E.A.R.公式HPの専用ページへどうぞ。
  簡単にいうならば、「自作TRPGの基礎として共同で使えるシステム」でしょうか?

ゲームの雰囲気だけでも感じられないかなぁ。と、購入読了。

なるほど。
このゲームはカオスなのですな。

GMが、PLが、PCが。という意味ではなく……いや、中の人も充分カオス分でしたが(爆
世界設定やPCを形作るデータ自体がカオスだと思いました。

世界は、魔法あり妖精あり悪魔あり天使あり普通の現代人あり平凡ありの、はちゃめちゃ〈学園〉で。
PCに「性格」がデータとしてあって、随所随所の「性格判定」での結果次第でストーリーはとんでもない方向へ転がっていってしまうんです。PLの意志とは関係なく。

例)・「この壺を割ったのは誰だ」と問い詰められる(犯人は自分
          ↓
  ・「性格判定」【正直】の判定をする
          ↓
  ・失敗する「知りません」 ・成功する「犯人は私です」

この発言の結果、その後どんなにセッション内で不利な状況になろうが……ね。

そしてそれがもとでゲームセッションが成り立たなくなった場合は、「カオスチャート」というセッションを終わらせる為の表があるんだとか。
カオス前提なゲームなんですね……。

他の発売済SRSともまた一味も違う「まかでみRPG」。
SRSという共通したシステムによって生まれたゲームでも、こんなにも様々なものになるんだと思ったのでした。

※あと、GF誌購読の方はご存知の、すがのたすく先生の自作SRS作品「モノトーンミュージアム」について。
こちらはWEB公開に向けて鋭意製作中だそうで。

色々な可能性を秘め、広がり続けるSRS。
自分も、そのシステムで世界を造ることができたらなぁ、と。
淡い夢(妄想)を抱く私。
……うん。無謀なのはわかってるから(涙

最後に、追記にて中の人話をちょっとだけ。
大した事は書いてませんが、私観的すぎるので畳んでおきます。


【中の人話】
posted by hatuki at 00:53| Comment(0) | 趣味:TRPG関連

2009年04月09日

なぜなぜどうして

急行で購入した新外付けHDにデータ保存をしつつ、今晩和。
やりたい事自体は思うように進みませんが、私の脳内は本日も妄想日和です。
そんな中、リプレイだけでなく、ルールブックを読んだからこそ生まれた(気付いた)ネタを1つ。

新米女神3巻の内容バレ少々有り(ストーリには関係なく、PCの装備に関する話)です。
(携帯の方はスクロールでどうぞ)

【続き】
posted by hatuki at 23:33| Comment(0) | 趣味:TRPG関連