2010年04月21日

そのすべてをうけとめる

hatukiです。最近ブログ更新がまちまちで申し訳ありません。
仕事とか、原稿の事とか色々あるけれど、天下繚乱リプについて語らせてください……。

(以下折りたたみ

 










ジャイブから発売の、天下繚乱初のリプレイ「白梅の鮮華」。
GM兼著者は、「カオスフレア」でお馴染みの三輪清宗さん。
そしてPLは、リプレイ内でのイラストを担当する、すがのたすくさんに、天下繚乱作者の小太刀右京さん。
SRS生みの親、井上純弌さん。
知る人は知っているが、私はまったく知らない(爆)鋼屋ジンさん(有名なゲームのシナリオライターさんだそうな

こんな方々のPCはと言うと。

仇と生き別れの姉を探す、必殺仕事人な忍者娘<すがのさん
故郷から出奔した浪人青年(鬼に変身するよ<小太刀さん
身分を隠し、諸国を漫遊する高貴な老婆(この印籠が(略<井上じゅんいっちゃん
と、シャーロック・ホームズ<鋼屋さん
が、同じパーティー仲間なんですよ。
(舞台の時代は江戸時代基盤ですがタイム・スリップ設定や異人設定有りだからね
(ホームズは二次元の人だって?そんなツッコミは野暮ってものさ

そんな彼らが『宿星』の元に集い、世を脅かす『妖異』を成敗する『英傑』となっての冒険活劇の始まり始まり――というのが物語の荒筋です。
シナリオは至ってシリアスです。
が、強く残った印象としては。

すがのさんの忍者っ娘が「クールな忍者」なのに、NPCに感情移入してすぐにテンションアップしているところが可愛かったり。
(机バンバン叩いたり、涙ぐんだりしてるんだぜ
小太刀さんの浪人青年PCの、要所要所のいいところをおさえたロールプレイが上手かったり。
(D&D「海燕」の時も思ったけれど、そういったロールが本当に上手いよ小太刀さん
老婆なじゅんいっちゃんが普通にセッションに参加していたり。
(偏見ですまん。しかし、今回のじゅんいっちゃんは良いPLだよ!?
シャーロックな鋼屋さんは、オカルト全否定(某ドラマの准教授思い出した)で敵倒しちゃったり凄かったとしか言い様がないね。
GMの三輪さんは「2D6振って13が出れば……!」とか、敵が首を傾げて「きゅ?」とか演出したりするし……可愛いぞちくしょう(三輪さんご本人は、シルクハットとインバネスコートのよく似合う、大柄な紳士です

天下初リプレイなだけに、ルール的な事まで親切に書かれているので、ルルブを読んだ事のない方でもすんなり読めると思います。
が、ね。
出てくるNPCが実在する――しかしif世界なので、性格性別が実際とは違う。という人物が当たり前に出てくるので、好みが分かれるかも。とか思っちゃうんだ。
あの○○が、「男装の麗人」とか、「この時代まで生存していた」とか普通にあるんだもんよ(私は笑っていただきます
そしてこのリプレイ、すでに2巻が発売する事が決定しています。
その為か、キャンペーンとしての設定やストーリーが最初から成り立っているので、そこのところが引っかかる方にはお勧めできないかもしれません。
しかし、新作TRPGの初のリプレイとして、セッションの指針等には充分ですし、普通に面白く読めたよ。
次巻も期待。
そして出来れば、作者である小太刀さんがGM兼著者のリプレイも読みたいです。
ダブルクロス・ストライク並みに、飛んだやつを一つ頼みます!(無茶言うな
posted by hatuki at 23:36| Comment(0) | 趣味:TRPG関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]