2009年05月12日

たかめてはてなく

ものもらいで視界狭し。

それはおいておいて。
本日実家にて、夕飯のメニューに日頃作った事のないものにチャレンジしていると、兄帰宅。

兄「あ?何だこの雑誌。こんなの見たことないなぁ」
hatuyki「私のだ。目当てがあったので買ってみました」
兄「(中身見て)あれか。逆転検事の記事目当てか?」
hatuki「ちがうよー」
兄「え?じゃぁ、戦国BASARAの?」
hatuki「私の目当てはコレです」

「D&D第4版リプレイ『海燕』第5回」(8ページ)

無言で兄は去りました。
勝利(何に

てなわけで、買ってきました「GAMEJAPAN」6月号。
無論、目当ては「海燕」(詳しくいうならばドーリン絵)のみですので、他のページに眼を通していなかったのですが改めて見てみると。

これ、カードゲームの雑誌だったんだ(今更

古今東西のカードゲームの記事の中に、TRPGのゲーム紹介はちょこっとだけで。
「ウォーハンマーRPG」や、「とらぶるエイリアンず」、「ワースブレイド」等など。
その中に、ホビージャパンから今度発売される新作TRPGの紹介記事もありました。
その名も。

「戦国異聞録KAMUI」

戦国時代なんだって。
PCはデータを「生き様」で設定していくんだって。
ダイス目+修正値じゃなくて、(能力値+技能LV)のダイスを振って判定するんだって。
判定に有利になる為には、とにかくダイスを増やしていくんですねわかります。
じゃぁ、ダイス目が極端に悪い人はどうすれば(爆
設定を読む限りでは、「熱い」ゲームのようです。燃えます。

そして、D&Dの日本語版公式サイトをみたら、6月に公式のコンベンションがあり、そこで「KAMUI」の卓も立つそうです。
それも気になるのですが……D&D第4版の初心者卓兼女性専用卓があるって本当ですか!?
場所は都内。申し込み締め切りにもまだ間に合う。
D&D……ハードルが高いと敬遠していたけれど……そこでなら私みたいな初心者でも……。

存分悩もうと思います。
posted by hatuki at 23:08| Comment(0) | 趣味:TRPG関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]